実行

鍼灸用のハリを体に刺してもらう、というダイレクトな無数の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと呼ばれる謂わば電気信号伝達を引き起こすのではないかという考えが浸透しています。
胸痛を主訴とする狭心症の外科手術としては大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植手術(CABG)」の双方の手術の方法が活発に採用されています。
結核への対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」に従う形でおこなわれてきましたが、56年後の平成19年から数多くある結核以外の感染症と同じように「感染症新法」に沿って実行されることが決定しました。
国民病ともいわれる花粉症とは、森のスギやヒノキ、ヨモギなどの大量に放出される花粉が因子となって、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻水などの辛いアレルギー症状を引き起こす病気として知られています。
触れあいなどで、要介護者が犬のことを愛おしく思った時にオキトキシンが分泌された結果、ストレスの緩和や癒やしに結びつきます。
70代以上のお年寄りや病をお持ちの方などは、より肺炎を発症しやすくてなかなか治らないというデータがあるので、予防する意識や早めの手当が肝要です。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食生活が欧米化したことに加えて喫煙する事・アルコール・肥満症などの生活習慣が乱れたこと、ストレスなどに縁り、ことさら日本人に増加している病気の一種です。
肥満(obesity)の状態はあくまで摂取する食物の種類や運動不足などが誘因ですが、一緒の量の食事をとっていても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続けていれば体重過多に陥っている肥満の状態を招く結果になります。
子どもの耳管の構造は、大人のそれと比較すると太目で長さがあまりなく、又ほぼ水平になっているため、細菌が入り込みやすくなっているのです。大人よりも子供の方がよく急性中耳炎を発症するのは、これが原因です。
不整脈の中でも期外収縮は、病気でなくても現れることがあるため深刻なトラブルではないにせよ、短期間で発作が次々と起こるケースは危険だといえるでしょう。
内臓脂肪症候群であるとは言われなかったとしても、臓器に脂肪が多く溜まりやすい種類の悪い肥満を持っている事によって、あらゆる生活習慣病を発症しやすくなります。
吐血と喀血、2つとも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は喉から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血は十二指腸よりも上部の消化管から出血する症状を指します。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常ならヒトの身体をガンにさせない働きを持つ物質を作り出すための型ともいえる遺伝子の異常で起こる病気だというのは周知の事実です。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的に股部白癬と呼び、白癬菌というかびが陰嚢(いんのう)、股部、臀部などの場所に感染してしまい、棲みついた病気の事であり俗に言う水虫のことなのです。
骨を折ったことによりひどく出血した状態だと、血圧が急降下して目の前が暗くなるようなめまいや体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、座っていても起こる気絶などの不快な脳貧血の症状が現れる時があります。