下肢

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて受動喫煙・アルコール類・脂肪過多等のライフスタイルの質の低下、ストレスに縁って、最近、日本人に増加しているという疾患の一つです。
チアミン不足が原因の脚気の症状は、主に両手両足が何も感じなくなったり下肢の浮腫などがよく訴えられ、症状が進んでしまうと、深刻な場合、心不全を併発することがあるそうです。
日本における結核対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」に沿う形で推進されてきましたが、56年後の2007年からその他の感染症と一まとめにして「感染症法」という名の法律に従って行われることが決まりました。
WHO(World Health Organization)は、人体に有害な紫外線A波の度を越した浴び過ぎは皮膚の病気を引き起こす可能性が高いとして、19歳未満の男女がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用することの禁止を世界中に喚起しています。
汗疱というのは掌や足裏、又は指の隙間などにプツプツとした小さな水疱がみられる皮膚病で、おおむねあせもと言い、足の裏に現れると水虫と混同される場合もままあります。
めまいが確認できず、長く続く耳鳴りと難聴の症状だけを数回発症する症例のことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という呼称で呼ぶ症例もよくあります。
ポリフェノール最大の長所は水溶性のV.C.や脂溶性のトコフェロールなどとは違っていて、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化しにくくする作用に優れているのです。
悪性腫瘍である卵巣がんは、元来、ヒトを癌から守る役割を果たす物質を産出するための型のような遺伝子の不具合で発生してしまう病気だというのは周知の事実です。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科治療としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「大動脈冠動脈バイパス移植術」の二者の治療が高い確率で実施されています。
HIVを含んだ血液や精液、女性の母乳や腟分泌液等の体液が、交渉相手や看病する人などの粘膜や傷口などに接触する事で、HIVに感染する危険性が高くなってきます。
エネルギーとして速攻で役立つ糖、細胞の生まれ変わりに必須の蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこのように様々な活動をキープするために外すことのできない成分までも欠乏させる。
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、肉体的なストレス、高齢化などの様々な素因が融合すると、インスリンの分泌量が減少したり、機能が落ちたりして2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患することになります。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に作用する特殊な酵素や、細胞・組織の活動に関係する酵素など、200種類以上ある酵素を構築する要素として絶対なくてはならないミネラルの一種なのです。
肝臓をいつまでも健やかに保持し続けるためには、肝臓の解毒する力が衰えないようにする、要は、肝臓の老化対処法を実行することが必要なのです。
真正細菌の一種である結核菌は、感染している人が「せき」をすることで室内に放出され、空気中でふわふわ飛んでいるのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことで次々に感染していきます。