フィトケミカル

肝臓を元気な状態にキープするには、肝臓の解毒する作用が低下しないようにする、要するに肝臓の老化対処法を迅速に実行することが重要だと言われています。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、現在までの膨大な研究結果から、ワクチンの予防接種効果が見込めるのは、注射した日の約2週後から5カ月間ほどと言われているようです。
人の耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に区別されますが、この中耳のところにばい菌やウィルスがうつり、炎症が発生したり、液体が溜まる症状を中耳炎と称しています。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる化学物質について、肝臓が持つ解毒酵素の効率的な産出を支えているかもしれないという新たな事実関係が判明しました。
内臓が脂肪過多になっている肥満があり、脂質(ししつ、lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖のうち2項目以上に当て嵌まるケースを、メタボリック症候群と名付けています。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も代表的な中耳炎で幼い子供に多く起こる病気です。激しい耳の痛みや熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(耳垂れ)などの耳の症状が現れるのです。
素人が外から見ただけでは折ったかどうか分からない時は、痛めてしまったところの骨を注意しながら触れてみてください。もしそのポイントに激しい痛みがあれば恐らく骨折だと思われます。
抗酸菌のひとつである結核菌は、患者がゴホゴホと「咳」をすることによって内気に放たれ、空中でフワフワと移動しているのを今度は別の人が吸い込むことによりどんどん感染していきます。
日々の規則正しい暮らし、満腹になるまで食べないこと、適切な体操等、古臭いともいえる健康に対する気配りが肌のアンチエイジングにも活用されるのです。
ライブの開催される施設や踊るためのフロアなどに設けられている大型スピーカーのすぐ脇で大音量を聞いて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性難聴」と呼んでいます。
春に患者が増える花粉症とは、山林のスギやヒノキ、ヨモギなどの花粉が誘因となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・鼻づまり・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を示す病気なのです。
触れ合うことで、人間が猫を可愛いと感じた時にホルモンのオキトキシンが分泌されて、ストレスを減らしたり心の癒しなどに繋がっているといわれています。
学校等の団体生活に於いて、花粉症の症状の為にクラスのお友達と同じように外で楽しく運動ができないのは、患者にとっても残念な事でしょう。
もしも検査で危惧していた通りエストロゲンとゲスターゲンの量が足りなくて早発閉経(POF)だと判明したら、基準値に満たない女性ホルモンを足す治療等で改善が期待できます。
「肝機能の減衰」については、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP等の数値でモニターできますが、ここ数年で肝機能が悪化している現代人の数が徐々に増加しているそうです。