めまいは診られないのに、長く続く耳鳴りと低音域の難聴だけをいつまでも繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」というようなケースもあるとのことです。
常在細菌の一つであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力がきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種に分けられます。
流行性感冒、即ちインフルエンザに対応した予防テクニックや処置など、このようなベーシックな対処策というものは、それが例え季節性インフルエンザであっても新型インフルエンザでも一緒なのです。
通行中の交通事故や山での転落事故など、とても大きな外力が身体にかかった場合は、複数箇所に骨折が起こってしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、加えて臓器が損壊してしまうこともままあります。
鍼灸のハリを気になる所に刺す、というフィジカルな複数の刺激は、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと言われているいわば電気信号伝達をもたらすという見解が一般的です。
マスクが欠かせない花粉症とは、森の杉やヒノキ、マツなどの大量の花粉が因子となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を齎す病気なのです。
ハーバード大学医学校(HMS)の研究結果によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2〜3杯のノンカフェインコーヒーで代用すると、直腸ガン危険性を5割も減らせたということが明らかになっている。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いのでオゾン層でその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊したりして、肌に良くない影響を与えます。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている特殊な酵素や、細胞や組織の交替に関わる酵素など、約200種類以上存在する酵素の構築成分として欠かせないミネラルだといわれています。
肥満(obesity)の状態というのは勿論あくまで食生活の質や運動不足が要因ですが、量は変わらない食事だったとしても、短時間で終了する「早食い」を続ければ肥満(obesity)の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。
前立腺は生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても深く関連していて、前立腺に出現してしまったガンも同様に、アンドロゲン(雄性ホルモン)の働きを受けて肥大化してしまうのです。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術としては大半の病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈バイパス術」という2種の治療方法がしきりに使用されています。
「とにかく多忙だ」「手間のかかる人との付き合いがすごく嫌だ」「技術やインフォメーションの著しい進化になかなか付いていけない」など、ストレスが蓄積される元凶は十人十色です。
脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを防御し、あらゆる覚醒現象などを操っていて、鬱病に罹患している人ではその働きが鈍いことが分かっている。
演奏会の開催される場所や踊るためのクラブなどに置かれている大きなスピーカーのすぐ脇で大きな音を浴びて耳が聞こえにくくなることを「ロック外傷」と言っているのです。