均衡の乱れ

ハーバード大学医学校(HMS)の調査データによると、毎日2〜3カップのデカフェのコーヒーに変えることで、あの直腸がんの危険性を5割以上も減少させることができたそうだ。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹で、分泌がおかしくなる素因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏等が挙げられます。
毎日の規則正しい日常生活の維持、暴飲暴食を控えること、楽しい運動やスポーツ等、一見古典的ともいえる体についての取り組みが皮ふの老化防止にも活用されるのです。
70才以上の高齢者や慢性疾患を持っている方は、殊に肺炎になりやすく治るのに時間がかかる傾向が見られるため、予防の徹底や早めの処置が重要だといえます。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もせずに横たわっていても消費してしまうエネルギー量であり、その50%以上を様々な筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・脳の3種類が消費しているということはまだ広くは知られていません。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植手術(CABG)」の両方の手術の方法がよく使用されています。
軽い捻挫だろうと自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで患部を適当に固定し、様子を見るのではなく、応急処置を済ませたらすぐ整形外科で診てもらうことが、早く快癒させる近道に繋がります。
環状紅斑は環状、所謂輪っかのようなまるい形状をした赤っぽい発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総合的な病名ですが、病因は余りにもいろいろです。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに代わり、2012年9月から厚労省が接種を推奨する定期接種集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種に変わりましたのでご注意ください。
脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足が痺れるような感覚があったり脚の浮腫などがよく訴えられ、症状が進んでしまうと、重症の場合、呼吸困難に至る心不全を誘引することがあります。
体脂肪量にさして変化がみられず、体重が食事や排尿等で短時間で増減する際は、体重が増えれば体脂肪率は下がり、体重が減少すれば体脂肪率が上がります。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口からの出血に違いはありませんが、喀血の方は喉から肺をつなぐ気道(きどう)から出血することであり、吐血というのは十二指腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る症状を言い表しています。
悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、通常ならばヒトをがんから保護する役割を果たす物質を生成するための型ともいえる遺伝子の不具合で発症してしまう病気だということが分かっています。
植物栄養素とも言われるフィトケミカルのひとつであるイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の物質が、肝臓から分泌される解毒酵素の効率的な創造を助けているのではないかという新たな可能性が判明してきました。
音楽の公演の開催されるスペースや踊るためのフロアなどに備えられた特大スピーカーの正面で爆音を浴び続けて耳が遠くなる症状を「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼んでいるのです。