一番警戒すべき敵将

とても上手い伏線の張り方だと思います。

今回、もう一つ上手いと思った演出は 高坂弾正(武田家家臣)と柴田勝家(織田家家臣)の登場です。

高坂弾正は上杉と武田の国境 武田側の海津城を守備しています。
つまり最前線を任される程の強敵で 隙を見て攻めてくるかもしれません。

今時点で

    一番警戒すべき敵将

です。

柴田勝家、彼は まだ勢力の小さい織田軍の家臣です。

しかし 信玄が謙信が死に勢力図が塗り変わると信長が台頭してきます。

その時 北陸方面の司令官としてやって来るのが柴田勝家です。

今、そこにある危機の高坂弾正は兵隊を引き連れた形で登場させ、やがて迫り来る危機の柴田勝家は それとなく登場させた辺りが本当に憎い演出だったと思いました。私は原作知らないのですが、

川中島が「語り」で終わってしまいましたね

予備知識がないもので

一昨年の「風林火山」との絡みは少しあるかなと思いましたが、

やっぱりないようですね。