日本に有利

加盟の是非を判断するに際して、このファクターは可也大きなポイントではないかと私は考えています。ISD条項は、外資が日本に対して、と日系企業が海外において、という両方の面から、

メリット・デメリットを冷静に分析する必要があると思っています。
直感的には、
・対米においては、訴訟慣れした米国企業と有形無形な外資制限のある日本国では総合的に日本に不利
・それ以外の国においては、日系企業の海外進出状況を鑑みれば日本に有利 ということではないかと思っています。
TPPにおける貿易量から見れば前者が大きなポーションを占めており、従ってISDは認めるべきではない、 浮気調査 青森という考え方と、日本資本が次々に海 外、特にアジア・オセアニア地域に進出している状況を鑑みれば、いずれはISDがあった方がメリットが大きい、双方の考え方が成り立ちます。
そういった点を、データや資料を用いてきちんと分析、議論されるべきだと私は感じます。TPP参加の是非についてはこのところ詳細な報道が出回ってますから、結論ははつきりしてるのです。