目の前の事実

集団的自衛権が必要だと思われる。その集団的自衛権も、憲法改正を待っていたら、間に合わないので、安部内閣は「解釈変更」で何とかこぎつけた。

「もっと深い議論を」とか「憲法改憲をしてから」と発言されている方々、目の前の事実を全く無視しているのか知らないのか判らないが、そんな悠長な事を言ってる時では無いのだ。
また、自衛隊は軍隊ではない。よって、邦人救出が出来たとしても、その場で捕虜になったら「テロリスト」扱いだ。軍人であれば、国連にも定められている協定で捕虜として扱われる。しかし、自衛隊は軍隊ではないので、都合よく「テロリスト」として扱われる事であろう。
なので、安部内閣では「国防軍」への格上げも視野に入れている。 軍になったからと言って、日本には戦争が出来る憲法があるわけなので、積極的に戦争へ参加するわけではないと思う。ましてや先制攻撃も出来るわけではない。現行の自衛隊員の身柄を保証するためにも国防軍に格上げが必要になると思う。