彼女が泣きながら

視聴率を取るためには『子供(子役)と動物を出せばいい』という言葉を紹介した。
昔は『熱中時代』と言うドラマで脚本にはないのに感極まった

子供たちが泣いて視聴率が爆発的に上がったそうだ。 私の時代(79年生まれ)では、安達祐美(この字でいいのか?)の『家なき子』の演技は話題になり、彼女が泣きながら「同情するなら金をくれ」と いう衝撃は計り知れない。
(余談だが、我が中学校の三年生では受験だった事もあり「同情するなら合格通知をくれ」が大流行。なお、我がクラスでは何故か ザ・ピーナッツも大流行) 近年では、浮気調査 新潟(時々だけど)障害者や余命いくばくもない若者の扱いも子供に似ている。 例えば、事故で車椅子生活をしていても前向きで頑張りやで明るい…… 知的障害なら、言葉や行動はおかしいが純粋で優しい……
でも、果たして、本当に子供や障害者などは『純粋』で『優しい』のだろうか? ここでは、自分が混乱するといけないので子供と障害者に分けて書く。