太いパイプ

傍から見れば、それはヒーローショーだ。
ただ、テレビなどのヒーローショーと現実の違いは、世の中には様々な問題が複雑に絡んでいて、

その一本を切っただけで新たな問題が起こると言う事だ。
もっと書けば、小泉氏は山本太郎氏たちの『反原発』ではない。 山本太郎氏たちを極端に書けば単に流行だから反原発をやっているだけだ。 あと、数年もすれば頭から綺麗さっぱりなくなる。 小泉氏の場合は、アメリカの石油業界との繋がりだ。
ブッシュ前大統領は石油産業などと太いパイプを持っていた。 彼の『親友』だった小泉氏にとってもアメリカの石油業界には『お世話』になったようだ。
実際、日本への石油は『ジャパン・オイル』と呼ばれ高騰の一途を辿っている。 反原発派が口にする「しかし、原発稼動をゼロにしても生活に支障はない」だが、それは廃棄予定の火力発電所を無理やり稼動させているだけであり、大きな事故が起こる可能性がある。 加えて、燃料である石油(化石燃料)などを燃やせば環境や人体に影響がある。