矛盾する権威的

天皇は『終戦の聖断・講話』と『戦争の正義・継続』の両面において矛盾する権威的な役割を果たした存在である。GHQは日本の伝統的権威や擬似的 家長であった

『天皇の戦争責任』を不問にして、昭和天皇とマッカーサーの親密さをアピールすること(天皇がアメリカに敵対していないことを分かりやすく示 すこと)で、戦前の日本人が忠義を尽くしていた国体(天皇中心の国家観)に手をつけないアメリカに対する抵抗闘争やゲリラ攻撃を上手く抑止したとも言え る。 アメリカの原爆投下は、闇金相談 三重なぜ日本人の怨恨・屈辱を長引かせなかったのかという表題に戻ると、戦争指導者が言っていた『この戦争に負ければ日本は政 治的・経済的に破綻し、日本人はアメリカ人から殺戮・虐待・強姦・奴隷化の恐怖と屈辱を与えられ、生活はもっと苦しく貧しくなる』という玉砕覚悟の総力戦 を必要とする根拠が、『敗戦後の占領統治及び日米関係』の中で虚構だと示されてしまったことがある。