決済機能

西暦1998年6月、旧大蔵省銀行局や証券局等が所掌する業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るもの のセクションを分割して、当時の総理府の内部部局ではなく新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)としてのちに金融庁となる金融監督 庁を設けることになったという。

つまり「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上の3つの機能をあわせて銀行の3大機能と言われる。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業、最後にその銀行の信用によってこそ実現できていると考えられる。

多くの場合、株式市場に自社株を公開している上場企業においては、企業の活動を行っていく上で必要になることから、株式上場のほかに社債も発行するのが普通。株式と社債の一番の違いは、返済する義務があるかないかなので気をつけたい。

であるから「金融仲介機能」「信用創造機能」、3つめは「決済機能」、この3つの機能をよく銀行の3大機能と呼び、「預金」「融資」「為替」という銀行の本業、最後にその銀行の持つ信用によって実現できることを知っておいていただきたい。

アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構が保険金として支払う現在の補償額の上限は”預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円”です。この機構は政府及び日本銀行さらに民間金融機関全体がそれぞれ3分の1ずつ