母性本能論

すべてを本人(個人単位)の自由意思や自己決定に任せてしまうと、かつての母性本能論が予測していた『特別な教育・圧力がなくても、

人間も子孫を残す動物だから自然に結婚・生殖をするようになるはず』という結果は導けなくなる、これが先進国が経験している現実ではある。 子孫を残すことを本能レベルで考えるというのは、『避妊方法がない・貞操観念が緩く性交の相手を吟味しない・夫婦単位(2人や1人)で育児をせず 大家族や村で育てる・祭祀や夜這いといった夫婦関係を限定しない風習がある』といった前近代の諸条件や文化・慣習がある社会であれば成り立つかもしれな い。
しかし、 闇金相談 鳥取現代の先進国は概ねキリスト教的な一夫一婦制と貞操観念の影響を受けており、基本的には『好きな相手とだけ子供を設ける・性交はしても避 妊はする(性と妊娠・育児の切り離し)・育児は核家族(夫婦だけ)で育てられるか祖父母の援助を受けるくらい・大勢が参加する不特定の相手と行きずりの関 係を持つようなハレ(日常の倫理放棄)の風習は存在しない』という環境に変わっている。